トピックス

2020.03.26更新

都知事の外出自粛要請をふまえ、3月28日(土)は臨時休業とさせていただきます。

申し訳ありませんが、週明け月曜日にお電話頂けますようお願いいたします。

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.24更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士山﨑大志弁護士が、選挙ウォッチャーちだい氏の代理人を務めていた裁判で勝訴しました。

・裁判の概要
 NHKから国民を守る党及びその党首である立花孝志氏が、フリーライターである選挙ウォッチャーちだい氏を名誉毀損で訴えていました。
 N国党及び立花氏は、ちだい氏が「今回の傷害事件を起こした立花孝志区議」との虚偽の記述をし、意図的に貶めようとするものであり、名誉を棄損すると主張していました。
 裁判所は、上記の記載部分だけ切り取るのではなく、本件記事の終盤での記載であり、小見出しなど目立つ形で記載されているわけでもなく、本件記事の具体的な内容を受けたものであって、「本件騒動を起こした原告立花及び大橋」という意味で解釈されるものと判断して、本件騒動があったことは虚偽ではなく、真実であると認定しています。
 そして裁判所は、記載されている事項は、公共の利害に関するものであり、公益目的もあるので、違法性がなく、不法行為にはあたらないことを結論づけています。

・判決の意義
 ちだい氏は、誰よりも早くN国党について取材して社会に発信してきました。ちだい氏は、批判的にN国党について記事を書いていたところ、今回のような名誉棄損訴訟を提起されたのです。
 提訴されただけでも、記事を書くことを委縮してしまう人がいるなか、ちだい氏は、記事を書き続けながら、勝訴を勝ち取ることができました。
 ちだい氏の表現活動を守ることができたのが、判決の意義だと思います。
 また、本判決は、ちだい氏にとってだけではなく、広く一般の人々にも意義のある判決でした。
 政党への批判など、公共の利害に関する事柄については、批判的なものも含めて多様な言説が流通することは、市民が多種多様な情報を加味した上で意思決定できることに寄与しますので、民主主義にとっても有益です。
 今回の記事は、まさに市民に多種多様な情報を提供する目的を有するものであり、批判的な表現の自由が守られたという意味でも貴重な判決です。

【関連】N国議員のスラップ訴訟に控訴審でも勝訴!

【関連】N国議員による選挙ウォッチャーちだい氏へのスラップ訴訟について、勝訴しました。

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.23更新

3月20日付の福島民友新聞に、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のコメントが掲載されました。
新型コロナウィルス感染症に関連して、特定の大学の学生を差別する言動があったことから、その問題について話したものです。
ぜひご覧ください。

福島民友新聞郡山の学生を指さし『コロナ』 嫌がらせ受けるケースが複数件https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200320-470291.php

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.16更新

3月15日付のしんぶん赤旗日曜版において、原発事故に伴うALPS処理水の「海洋放出」をめぐる問題について、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

ぜひご覧ください。

しんぶん赤旗日曜版(日曜ワイド)https://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.13更新

3月12日、仙台高裁において、原発事故による避難者が東電を被告に損害賠償を求めた裁判の判決が言い渡されました。

東電の責任を認め、一審判決を上回る賠償を支払うよう命じた判決となりました。
この判決の意義などについて、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士がコメントした内容が、NHKニュースで報じられました。
ぜひご覧ください。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200312/6050009300.html?fbclid=IwAR2RHkqOY9haeNd4RGGknQWfD3YB4-YSQQBebMCIBk6O-KoFVfHOxNLxk-U

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.12更新

わが国の法治主義をおびやかす「黒川東京高等検察庁検事長定年延長」問題について

 国民生活に多大の影響をあたえている新型コロナウィルス問題でテレビ、新聞の報道欄が埋められる中でも、決して埋もれさせてはならない問題があります。その一つが今年1月31日に内閣が閣議決定したと報じられた黒川弘務東京高等検察庁検事長の定年延長問題です。たったひとりの検察官の定年延長がなぜ大問題になるのか?

 確かに多くの国民にとってこの問題は生活に密着したものではないし、難しい法律の解釈が絡むので、敬遠したい問題かもしれません。しかしこの問題は、単に一検察官の定年を延長するのが良いか悪いかというのではなく、わが国の法治主義を根底からおびやかす危険性をはらんでいるのです。
 1947年の日本国憲法施行とともに制定された検察庁法は、検事総長は65歳、その他の検察官は63歳で定年とすると定めましたが、同じ年に制定された国家公務員法には定年の規定はありませんでした。これは、同じ国家公務員のなかでも検察官は、ときの政権にある国会議員をも訴追する強力な権限が与えられ、行政機関の一員でありつつ、公正・公平な権限行使が強く求められているということからきています。権力の恣意的な人事介入によって、権力に都合の悪い検察官を勝手にやめさせたり、逆に権力に従順な検察官に延々とトップを務めさせることを防ぐ意味があったのです。

 時代は下って1981年、さすがに一般国家公務員だけ定年規定がないのはバランスがとれないことから、国家公務員法は改正され、定年制度が設けられます。そしてこのとき、国家公務員には定年延長も例外的にありうるとの規定が設けられましたが、それは「別段の定め」があるときは除くとされていました。そしてその「別段の定め」が検察庁法であることは、当時の政府も国会で答弁していました。つまり、国家公務員法であらたに規定された定年延長制度が検察官には適用されないことは、法律の制定当時から「当然」とされていたわけです。その後今回の問題が起きるまで、検察庁法は政府答弁どおり運用され続けてきました。

 ところが、安部政権は今年になって突如、今年2月7日に定年となる黒川東京高検検事長について、半年間定年を延長すると発表しました。検察庁法が制定されて73年、国家公務員法が改訂されて39年も経って、しかも法律を国会で審議して法改正によって延長するのではなく、一内閣の勝手な「解釈」によっての変更です。これは過去の政府答弁にも反することであり、国会で野党からその点を突かれると、森雅子法務大臣は、まさに「迷走」というしかない答弁を繰り返しました。
 このような惨憺たる状況を見て、ついに現役の検事正からも「国民からの検察に対する信頼が損なわれる」という声が出る始末です。
 安倍政権が黒川東京高等検察庁検事長の定年延長にこだわる背景には、現政権に特に従順で、政治家の訴追に後ろ向きといわれる同人を、次の検事総長に据えるためだという見方があります。集団的自衛権の解釈変更問題、森友・加計問題や「桜を見る会」問題にもみられるように、国政を私物化し、法律に違反してでも、自らを取り巻く人物のみを優遇する安倍政権のいつものやり方というわけです。今回の検事長定年延長でも安倍政権は、法律を無視し、法治主義を根底から覆そうとしています。わが国の法治主義を護り、日本国憲法を破壊させないためには、この問題をこのままにしておくことは絶対にできないのです。

弁護士 泉澤章

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.10更新

 当事務所の馬奈木厳太郎弁護士山﨑大志弁護士が、選挙ウォッチャーちだい氏の代理人を務めていた裁判で、一審でも勝訴していましたが、控訴審でも勝訴しました。

・一審判決について
 一審において、NHKから国民を守る党所属久保田学氏(立川市議)が市民メディアのフリーライターである選挙ウォッチャーちだい氏を名誉毀損で訴えたスラップ訴訟事件について、勝訴判決を獲得しておりました。
 一審の判決では、N国党首である立花孝志氏が動画において、本訴がスラップ訴訟であることを話していることを認めた上で、久保田氏は、少なくとも居住実態がほとんどないことをちだい氏が真実と信じたことについて相当な理由があることを知りながら、あえて訴訟を提起したことを認定しています。
 また、反訴で請求した慰謝料の一部と弁護士費用のほとんど全額が認められたことから、訴訟により表現者に経済的負担を与え、表現活動を委縮させるスラップ訴訟の特質が考慮されたといえます。
 したがって、実質的には、久保田氏による本訴がスラップ訴訟であることを認めた判決といえます。
 そして、昨今世間を賑わせているN国議員の実態について、社会全体で考えてもらう良いきっかけになった判決ともいえます。

・控訴審判決について
 控訴審である東京高等裁判所での判決は、上述の一審判決を踏襲しており、一審と同じ判断でした。
 また、久保田氏による控訴によって、ちだい氏に無用の弁護士費用を支出したとして、一審判決に加えて16万円の損害を新たに認めて、合計約95万円の久保田氏に対する損害賠償を認めています。
 上級審である東京高等裁判所も、久保田氏による訴えそのものが不法行為であることを認めていることは、実質的には久保田氏によるスラップ訴訟であることを東京高等裁判所も認めたと評価できますので、大きな意義があると思います。

・N国の実態について
 ちだい氏は、誰よりも早くN国についての実態を取材し世の中に発信してきました。
 今回の事件も広く社会に周知されて、一人でも多くの国民が政党の一つであるN国の実態について知るべきだろうと思っております。

今回の控訴審勝訴について紹介されております記事は以下のとおりです。
弁護士ドットコム:N国党「スラップ訴訟」は二審も返り討ち ライターを訴えたら逆に95万円の支払い命令https://www.bengo4.com/c_23/n_10878/

 

【関連】N国党及び立花氏による選挙ウォッチャーちだい氏への名誉棄損訴訟に勝訴!https://www.tokyo-godo.com/blog/2020/03/post-137-726345.html

【過去の記事はこちら】N国議員による選挙ウォッチャーちだい氏へのスラップ訴訟について、勝訴しました。https://www.tokyo-godo.com/blog/2019/10/post-118-701556.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.06更新

3月6日、時事通信が、福島原発事故の被害救済を求める裁判について、高裁判決で国の責任がどう判断されるのかが注目されるとの記事を配信し、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のコメントを紹介しました。

下記のリンクからご覧いただけます。

国の責任、分かれる判断 「津波予見」は全て認める―福島原発訴訟、舞台は高裁へhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020030500861&g=soc

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.02.25更新

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、職員の時差出勤を実施するため、当事務所の営業時間を下記の期間変更いたします。

2月26日(水)~4月7日(火)※土曜日を除く

9:00~19:00 → 変更後 9:30~19:00

 

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.02.21更新

福島第一原発の事故責任の追究と原状回復を国と東電に求める「生業を返せ、地域を返せ!福島原発事故原状回復等請求訴訟(略して生業訴訟)の控訴審が2月20日結審しました。次回期日ではいよいよ判決の言い渡しとなります。
判決前の最後の期日となるこの日、原告団や支援者の皆さんおよそ350名もの方々が仙台高裁に集まり、原告団長の中島さんの意見陳述や弁護団の弁論を応援しました。馬奈木弁護士も原状回復請求について弁論しました。
仙台高裁に入る原告団・弁護団
裁判期日に先立ち仙台市内をデモ行進したほか、傍聴席に入りきれなかった方々に向け模擬裁判も行いました。またこの日、当事務所の事務所ニュースにも同封させて頂いておりました「公正な判決を求める署名」の提出も行い、累積で約13万筆の署名を提出しました。ご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

報告集会の様子
期日後には報告集会を開き、結審に至る法廷の内側の様子を報告しました。生業原告団沖縄支部ともスカイプで中継したほか、同じ日に裁判のあった関西訴訟とスカイプでつないで、期日を共有しました。いわき避難者、いわき市民、津島、群馬、千葉、東京、かながわ、愛知「黙っちゃおれん訴訟」、脱被ばくの各原告団の方々のほか、千葉と愛知「黙っちゃおれん」の弁護団、原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団の皆さまにもご参加頂きました。

判決の言い渡し期日の日時はまだ決まっていませんが、決まり次第当ホームページでお知らせいたします。

裁判期日の様子はNHKニュースでも取り上げられています。
NHK:「生業訴訟」控訴審の審理終わるhttps://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200220/6050009033.html

 

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ 前へ

SEARCH

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら