トピックス

2021.06.25更新

交通事故被害に遭った場合、まず、警察に連絡する必要があります。人が怪我をしていた場合はもちろん、物損にとどまった場合でも連絡しましょう。
また、加入している任意保険会社にも交通事故に遭ったことを報告する必要があります。

交通事故によって受傷した場合は、その後、治療を終えたり、症状の改善が期待できない状態になると交通事故による損害が確定することになりますので、本格的に損害賠償請求交渉を開始することになります。
治療をしても症状が残存している場合には、後遺障害に該当するかどうかの認定手続きを受け、後遺障害に該当するとされると、認定された等級に応じて、後遺障害に関する損害(逸失利益、慰謝料等)の賠償も併せて請求していくことになります。

相手方(加害者)の保険会社の担当者から示談の提案がなされることがありますが、保険会社の内部の基準に従った内容で提案されると思われます。法的に適切な内容の示談案になっているかも含め、予め(治療中のうちに相談されることが望ましいです。)弁護士に相談されるとよいでしょう。弁護士は過去の裁判例や裁判基準などに照らして、もし裁判であれば認められる可能性のある賠償額などを推定し、保険会社から提案された示談案が法的に妥当なものかなども含め、総体的な助言をすることができます。その上で、裁判基準と比較して、低いレベルの内容であった場合などは、裁判基準での損害賠償請求交渉等を依頼することができます。

休業損害や後遺障害の問題、事故態様(過失相殺割合)の問題、賠償額の妥当性の問題などでお困りの方は、お気軽にご連絡をいただければと思います。
必要に応じて交通事故鑑定人と連携しての対応等も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

弁護士 上原 公太

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.24更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が、日刊ゲンダイに掲載されました。
土地規制法の問題点や今後の課題、法の発動を許さない取り組みが重要であることなどについてお話ししています。
ぜひご覧ください。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/290943

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.24更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、文化芸術に対する支援を求める#WeNeedCultureの配信番組に聞き手として出演しました。
劇作家、演出家のシライケイタ氏をゲストに、演劇の魅力、文化が生きていくうえで不可欠であることなどについて伺っています。
ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=7yq05FBQwzA

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.17更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月15日の土地規制法案の成立を受けた院内集会で発言しました。特定の外国人を潜在的脅威だとする発想について、属性で判断するのもので外国人嫌いでありヘイトの公認だと指摘しました。神奈川新聞が、発言を紹介しています。
ぜひご覧ください。

https://www.kanaloco.jp/news/social/article-541743.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.17更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月15日の土地規制法案の成立を受けた院内集会で発言しました。特定の外国人を潜在的脅威だとする発想について、属性で判断するのもので外国人嫌いでありヘイトの公認だと指摘しました。神奈川新聞が、発言を紹介しています。
ぜひご覧ください。

【カナコロ】「法が外国人、沖縄差別を公認」市民団体、土地規制法を批判(https://www.kanaloco.jp/news/social/article-541743.html)

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.17更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月15日の土地規制法案の成立を受け、沖縄テレビの取材にコメントしました。今後、沖縄への影響、住民の人たちに対する調査の懸念などについてお話させていただきました。

ぜひご覧ください。

https://www.otv.co.jp/newstxt/index.cgi?mode=detail&code=00002813&fbclid=IwAR2IhQors_GmldDfiAiLyQE4MpgprtPQ_ikkQZ_cjllP4SvDdSIKGxOOazE

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.17更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月15日の土地規制法案の成立を受け、琉球新報の取材にコメントしました。今後、とくに沖縄にどのような影響が生じうるのか、その問題点などについてお話させていただきました。

ぜひご覧ください。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1339180.html?utm_source=ryukyushinpo&utm_medium=referral&utm_campaign=top_kennai&fbclid=IwAR3-pU-vwc0Y5rZLwrJ_BjUJ3HZVKeZyYcgkWz_o3i2fvKFG8_I3L7qRmZ4

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.17更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月14日の参議院内閣委員会において参考人として土地規制法案について述べた発言について、6月15日付の朝日新聞で紹介されました。

ぜひご覧ください。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14939172.html?fbclid=IwAR0YtpGyV4Bbmspuqlq983QlVktO0IjKZfBxTwmEVhJEm_wka-0TI8gEoLA

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.15更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、6月14日の参議院内閣委員会において参考人として土地規制法案について述べた意見全文とその後の質疑のやりとりが論座で公表されました。

ぜひご覧ください。

https://webronza.asahi.com/politics/articles/2021061500001.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.06.15更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、イメージフォーラム渋谷で上映中の映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』のトークイベントに参加します。6月15日の17時15分の回の終了後に開催されます。

香港の情勢、日本の土地規制法案についてお話させていただく予定です。
ぜひ劇場に足をお運びください。

http://www.imageforum.co.jp/theatre/news/4450/?fbclid=IwAR1WZ-rzvei8bunf5a5NGjwCj9vftjShq8jQ7Wi1Hw0PFMlFmteFLsXTxEY

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ

SEARCH

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら