トピックス

2022.09.22更新

 全国商工団体連合会が発行する全国商工新聞『視点』コーナーに当事務所の泉澤章弁護士が寄稿した記事が掲載されました。

 安倍元首相の「国葬」をどう考えるかと題した記事では、戦前、天皇の勅令として発布され全体主義国家のプロパガンダに利用されてきた「国葬」が、戦後日本国憲法によって失効したこと、佐藤栄作元首相の国葬が検討された際には内閣法制局が法的根拠が不明確とし、常に国民の強い批判にさらされてきた歴史が紹介されています。また、国葬の実施によって公官庁や学校などさまざまな形で思想良心の自由が侵害されること、安倍首相の“功績”が実際には国民生活をいかに危険にさらすものであるかを指摘しています。

【リンク】全国商工団体連合会(https://www.zenshoren.or.jp/about)

 全国商工団体連合会(全商連)は、北海道から沖縄まで全都道府県の約600の民主商工会(民商)がつくる全国団体で、自営業・小企業・フリーランスなど小規模な事業者が助け合い、営業と暮らしを守る団体です。持続化給付金や融資・開業などさまざまな解決事例があります。会員はさまざまな業種の事業主で、全国16万人に及びます。

 全国商工新聞3519号

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.20更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が昨年、参議院内閣委員会で参考人として、土地規制法の問題点について指摘した内容が、9月19日付の琉球新報の社説で紹介されました。

社説は、土地規制法の全面施行に先立って、政府への白紙委任はあってはならない、根拠なき悪法は認められないとしています。
ぜひご覧ください。

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1586314.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.16更新

 1932年9月16日、中国東北部平頂山(旧満州、現遼寧省撫順市)で旧日本軍が炭鉱付近の集落の住民約3000人を虐殺した平頂山事件が発生しました。1996年に3人の生存者が日本政府に賠償を求めて提訴しました。裁判は、戦前の日本に賠償責任は問えないという「国家無答責」の理由により敗訴しましたが、虐殺事件の存在は事実として認定されています。
 事件から90年となる今年9月10日、90周年記念集会が開催され、当初から弁護団に参加していた泉澤章弁護士が当時の訴訟経過を報告しました。
 報告のなかで泉澤弁護士は「一番に考えたのは、事件を生き抜いた人たちの体験をどう法廷に示すかでした。(中略)今でも証言に触れるといたたまれない気持ちになります」と述べ、支援運動や訴訟を通して中国国内でも事件を考える機運が生まれ市民交流が続いていることなど、平頂山事件が持つ意味をあらためて考える集会となりました。
 集会の様子は国内の新聞のほか、香港フェニックステレビでも報道されており、1:10頃から泉澤弁護士の報告の様子もご覧頂けます。

【香港フェニックステレビ】日本民眾10日紀念平頂山慘案九十周年 籲勿忘歷史-鳳凰秀(日本民衆10日紀念平頂山慘案九十周年 吁勿忘歴史)(http://share.fengshows.com/article.html?id=53...305)

 平頂山事件90周年記念集会で報告する泉澤章弁護士

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.13更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が講師を務めた学習会の模様が、9月13日付の琉球新報において紹介されました。

今月全面施行される土地規制法の問題点や今後の課題などについて、お話させていただきました。
ぜひご覧ください。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1582724.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.07更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、9月9日の18時30分から、土地規制法の学習会で講師を務めます。
今月全面施行される土地規制法の問題点や今後の課題について、お話しする予定です。沖縄からリモート発言もあります。
オンライン配信もありますので、ぜひご参加ください。

【リンク】https://www.jca.apc.org/HHK/

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.06更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が、9月5日、北海道新聞に掲載されました。

土地規制法について、基本方針案が示されたことを受けて、問題点を指摘したものです。
インタビュー部分は、無料の会員登録をすればご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/725380/?rct=n_hokkaido

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.09.03更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が共同プロデューサーを務める映画「Blueisland 憂鬱之島」のアンコール上映が、9月3日より渋谷のユーロスペースで始まります。

香港の人々の息吹や想いが描かれた作品です。
ぜひ劇場に足をお運びください。

http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000620

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.08.22更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が、8月21日、朝日新聞デジタルに掲載されました。

土地規制法に関して基本方針案が示されたことを受けて、土地規制法の問題点などについてお話させていただいています。
ぜひご覧ください。

https://www.asahi.com/articles/ASQ8M55HCQ8CULZU006.html?iref=pc_ss_date_article

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.08.22更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のコメントが、8月20日付の北海道新聞に掲載されました。

土地規制法に関するパブリックコメントの実施を受けて、土地規制法の問題点などについてお話させていただいています。
ぜひご覧ください。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/719843?fbclid=IwAR108_rPwtU1-yJpj8lY372YYpJ0qTS7xRnZuwFYgvA3ALkPe0Y4y8W8WUk

投稿者: 東京合同法律事務所

2022.08.22更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、集英社新書プラスにおいて、作家の赤坂真理さんと対談した記事が掲載されました。

生業訴訟最高裁判決の多数意見の問題点、反対意見の意義などについてお話しています。
ぜひご覧ください。

https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/赤坂真理 なきものにされることへの物語り/20095

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ

SEARCH

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら