トピックス

2020.06.10更新

6月10日付の西日本新聞に、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、舞台芸術、ミニシアター、ライブハウス/クラブの三者の共同キャンペーン「#WeNeedCulture」に取り組んでいることなどをインタビューに基づきまとめていただいた記事が掲載されました。
なぜ文化芸術が支援されないといけないのかといったことについて馬奈木弁護士が語っています。
ぜひご覧ください。

【西日本新聞】
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/615663/

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.06.09更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が代理人として担当していたロイヤルリムジングループのタクシー労働者が解雇された事件について、6月8日、東京地裁で和解が成立しました。

労働者の地位を確認し、4月分から休業補償を支払い、解決金も支払うという内容で、労働者側の主張がほぼ認められた内容となっています。

和解を受け、社会的に注目された事件でもあったことから、多くのメディアで取り上げられています。ぜひご覧ください。

【NHK】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200609/k10012463241000.html

【日本テレビ】
https://www.news24.jp/articles/2020/06/08/07658396.html

【テレビ朝日】
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000185766.html

【時事通信】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060800924&g=soc

【毎日新聞】
https://mainichi.jp/articles/20200608/k00/00m/040/247000c

【日経新聞】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60107760Y0A600C2CC1000/

【産経新聞】
https://www.sankei.com/affairs/news/200608/afr2006080042-n1.html

【日刊スポーツ(共同通信)】
https://www.nikkansports.com/general/news/202006080000683.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.06.08更新

舞台芸術、ミニシアター、ライブハウス/クラブの関係者が、文化芸術に対する支援を求めて共同キャンペーン「#WeNeedCulture」に取り組んでいます。
関係者らは、6月4日、第二次補正予算案が国会に提出されるのに先立って、立憲民主党の枝野代表、福山幹事長ら、日本共産党の小池書記局長とそれぞれ懇談し、文化芸術に対する支援を要望しました。当事務所の馬奈木厳太郎弁護士も参加しました。

懇談の様子が、立憲民主党のサイトやしんぶん赤旗で紹介されましたので、ぜひご覧ください。

[立憲民主党のサイト]
https://cdp-japan.jp/news/20200604_3050?fbclid=IwAR2H10IxYAjt6tgNPJThaIhoPqHZuT-NtzN797BhKwt_ZZXsC0ntanh8H5A

[しんぶん赤旗]
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-05/2020060514_02_1.html?fbclid=IwAR3dAmAC0s0307IF5wa1igQBMiCE8Y57KzTBH-FVws0kbLAXcPe0VeTi1C4

 

【関連記事】#WeNeedCulture ~ 文化芸術復興基金をつくろう ご報告【続報】

投稿者: 東京合同法律事務所

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら