トピックス

2020.12.28更新

国民民主党の憲法調査会が公表した「憲法改正に向けた論点整理」について、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が検討を加えた原稿が、『論座』に掲載されました。
「論点整理」が語ったことと語らなかったことという風に分けて、人権保障の強化、規範力強化のために憲法改正が正解なのか論じています。
ぜひご覧ください。

【論座】国民民主党「憲法改正に向けた論点整理」の落とし穴https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020122400001.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.12.10更新

12月12日(土)午後5時30分放送のTBS報道特集で、「桜を見る会」の特集が放映されます。

当事務所の泉澤章弁護士が番組内で発言します。

https://www.tbs.co.jp/houtoku/

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.12.10更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、生業訴訟高裁判決の意義と今後の課題についてまとめた原稿が、雑誌『前衛』2021年1月号に掲載されました。
来年は、脱原発にとっても、原発事故の被害救済にとっても、大きな一年となります。
ぜひご覧ください。

【リンク】前衛2021年1月号:https://www.jcp.or.jp/web_book/cat458/cat/

雑誌『前衛』2021年1月号

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.12.07更新

 当事務所の泉澤章弁護士が香港のフェニックステレビでコメントが放送されました。安倍前首相の公設秘書らの起訴が騒がれており、桜を見る会の疑惑がいよいよ深まっていることが紹介されています。↓のリンクより動画でご覧頂けます。(YOUTUBEのように動画中央の白い三角▷を押すと再生します。)
【動画:フェニックステレビ(鳳凰衛視)】http://share.fengshows.com/article.html?id=c9ba1454-910f-417b-98e9-7c5a17bc7524&channelID=r06&time=1606994332.334878

 泉澤章弁護士はコメントで公職選挙法違反となる寄付行為、政治資金規正法違反となる収支報告書への不記載という2つの安倍前首相の違法行為が今回の捜査で明らかになると思うとコメントしています。泉澤弁護士も中心メンバーとして参加している「『桜を見る会』を追求する法律家の会」では、のべ1000人以上の弁護士や学者が公職選挙法違反と政治資金規正法違反を理由に今年の5月に告発しています。

【関連】「桜を見る会」前夜祭をめぐって、弁護士や法学者662人が、安倍首相と後援会関係者を刑事告発しました!https://www.tokyo-godo.com/blog/2020/05/post-154-737502.html

 

 

 

投稿者: 東京合同法律事務所

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら