トピックス

2021.10.21更新

 当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が参加しているWeNeedCultureでは、各党の文化芸術に関する公約を聞く配信を行っています。馬奈木厳太郎弁護士は聞き手を務めています。日本共産党の回の配信について、しんぶん赤旗で取り上げられました。
 以下のURLからご覧いただけます。

【しんぶん赤旗電子版】総選挙 各党の文化芸術政策は 「場と担い手」支える 畑野氏 共産党提案を説明 WeNeedCultureがインタビュー(https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-10-21/2021102114_01_0.html)

 ぜひご覧ください。

 動画は↓こちらよりご覧頂けます。 

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.10.21更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が参加しているWeNeedCultureでは、各党の文化芸術に関する公約を聞く配信を始めました。馬奈木厳太郎弁護士は聞き手を務めています。
以下のURLからご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

【自由民主党編】https://www.youtube.com/watch?v=uvXciETkeLM

【公明党編】https://www.youtube.com/watch?v=WkQQH4c4MrA

【立憲民主党編】https://www.youtube.com/watch?v=K4I8dB5pVos

【日本共産党編】https://www.youtube.com/watch?v=kdlRS_CCBiw

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.10.18更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が発起人の一人として参加する「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト」が10月15日会見を行いました。馬奈木厳太郎弁護士はビデオメッセージで参加しました。
会見の模様について、各メディアで取り上げていただきました。
ぜひご覧ください。

【論座】https://webronza.asahi.com/politics/articles/2021101500007.html#:~:text=チェックリスト

【BuzzFeed】https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/choiceisyours-checklist

【沖縄タイムス】https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/847777

【東京新聞】https://www.tokyo-np.co.jp/article/137012

【しんぶん赤旗】
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-10-16/2021101614_02_0.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.10.18更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が発起人の一人として参加する「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト」が10月15日公表されました。各党に対して公約を質問し回答をまとめたものです。
以下のURLから回答全文を確認できます。
ぜひご覧ください。

https://choiceisyours2021.jp/

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.10.06更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、横浜シネマリンでのドキュメンタリー映画「狼をさがして」の上映妨害について、配給会社と劇場の代理人としてかかわってきた件について、被疑者が書類送検されました。
記事では、馬奈木厳太郎弁護士のコメントも紹介されています。
ぜひご覧ください。

https://www.kanaloco.jp/news/social/article-701858.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.10.06更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のコラムが、日刊ゲンダイに掲載されました。野党共通政策をテーマに、野党共闘の意義について書かれたものです。
ぜひご覧ください。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/295635

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.09.30更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、9月30日の21時から、8bitnewsの配信番組「憲法いろはのい」に出演します。今回は野党共通政策を取りあげます。
下記のURLからアクセスできます。
ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=7omP2TRPXJ8

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.09.24更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、福島県農民運動連合会の代理人として、原発事故による農業損害の賠償支払いをめぐる問題について会見を行いました。
9月24日付の東京新聞に会見の模様が掲載されました。
ぜひご覧ください。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/132664?fbclid=IwAR25FJy0DtexMtkF9fD3USZf4hGYolynKJNcg_KqRxJmzLFmE4wnEFl-yI0

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.09.13更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士の原稿が、前衛2021年10月号に掲載されました。
土地規制法について書かれたもので、法律上の問題点とあわせて、法律を支える考え方そのものの問題点についても述べられています。
ぜひご覧ください。

https://www.jcp.or.jp/web_book/2021/09/post-787.html

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.09.06更新

弁護士 坂勇一郎

 今年(2021年)2月から8月にかけて、独立行政法人国民生活センターのウェブ版「国民生活」(注)に、資金決済法についての解説を連載しました。
 資金の支払いや送金を「決済」(資金決済)といいます。決済に関する法律としては、資金決済法と割賦販売法があります。
資金決済法は、商品券や電子マネー等の「前払式支払手段」、銀行以外の事業者が送金を行う「資金移動」について規制しています。これらは、支払いや送金の前に、または、支払いや送金の際に、決済業者にお金を払い込むものです。
 割賦販売法は、クレジット等の後払いの決済を規制しています。

(決済法制の概要)

 支払手段法律
前払い 前払式支払手段 資金決済法
即時払い 銀行振込等
資金移動
銀行法
資金決済法
後払い クレジット 割賦販売法

 

 連載は、これらのうち、資金決済法について、解説をするものです。
 なお、資金決済法は暗号資産(仮想通貨)についても規制しており、第6回、第7回では、暗号資産(仮想通貨)についても解説しています。
 決済については、情報通信技術の発達によりさまざまなサービス提供が可能となってくる中、規制が決済手段によって異なっており、中には、規制されないサービス提供もあることから、利用者にとって非常に分かりにくいものとなっています。
 利用者が安心・安全に支払いや送金が行うことができるよう、利用者保護の観点からの規制の横断化が望まれます。

(注)web版『国民生活』は、消費生活問題に関心のある方や相談現場で働く方に、消費者問題に関する最新情報や基礎知識を分かりやすく伝えるものです。

 

坂弁護士執筆の『国民生活』記事(PDF)が↓リンクからお読みいただけます。

2021年2月号(No.102)
【知っておきたい資金決済法】第1回 決済法制と資金決済法の概要

2021年3月号(No.103)
【知っておきたい資金決済法】第2回 資金移動業(1)

2021年4月号(No.104)
【知っておきたい資金決済法】第3回 資金移動業(2)

2021年5月号(No.105)
【知っておきたい資金決済法】第4回 前払式支払手段(1)

2021年6月号(No.106)
【知っておきたい資金決済法】第5回 前払式支払手段(2)

2021年7月号(No.107)
【知っておきたい資金決済法】第6回 暗号資産(1)

2021年8月号(No.108)
【知っておきたい資金決済法】最終回 暗号資産(2)

 

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ

SEARCH

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら