トピックス

2021.01.16更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士の原稿「主権者として行動した生業訴訟が求めるもの」が、『民医連医療』2021年2月号に掲載されました。
生業訴訟高裁判決の意義や脱原発をめぐる課題などについて書かれたものとなっています。
ぜひチェックしてみてください。

【リンク】民医連医療 2021年2月号https://www.min-iren.gr.jp/?p=41921

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.01.13更新

泉澤章弁護士が雑誌『世界』2021年2月号に「私たちは追求するー桜を見る会疑惑 首相の犯罪に裁きを」という題で寄稿しました。

安倍前首相を刑事告発するに至った経緯と法律家のたたかいについて書いています。是非お読みください。

『世界』2021年2月号

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.01.07更新

当事務所の横山雅弁護士が今市事件について解説した寄稿文が『冤罪白書2020 Vol.2』で掲載されました。
昨年、全国で争われてきた冤罪裁判に取り組む弁護士がその概要や判決の問題点を網羅した内容で、事件の全体像が分かりやすくまとまっています。
横山弁護士執筆の部分は↓のPDFからお読み下さい。
【PDF】今市事件―冤罪白書2020 Vol.2―

【リンク】『冤罪白書2020』発売決定!!(https://santoshuppan.blogspot.com/2020/12/2020.html)
燦燈出版株式会社は2018年4月に設立した「冤罪白書」を発行している出版社です。『冤罪白書2020』では、2020年に再審無罪判決が確定した「湖東記念病院事件」を巻頭特集のトップに、再審事件だけでなく通常審で無罪が主張されている注目事件も取り上げ、創刊号「冤罪白書2019」をさらにアップデートした内容です。発行は2019年12月31日です。

冤罪白書2020

投稿者: 東京合同法律事務所

2021.01.07更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、共同製作プロデュ―サーとして参加している香港・日本合作映画『BlueIsland 憂鬱之島』について、記事が掲載されました。
監督は、映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』(2016年)の陳梓桓(チャン・ジーウン)氏です。
ぜひご覧ください。

【映画ナタリー】
https://natalie.mu/eiga/news/411349

【ムービーコレクション】
https://www.moviecollection.jp/news/65148/

投稿者: 東京合同法律事務所

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら