トピックス

2019.09.24更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、9月19日、原告団と弁護団は、東電旧役員に対する刑事裁判の判決を受けて声明を出しました。

声明では、判決の問題点を指摘するとともに、今回の判決が旧役員個人の刑事責任に対する判断を示したものであって、組織体としての東電の責任を免責するものではなく、民事訴訟において国と東電の責任を引き続き明らかにしていくとされています。

声明の全文は↓よりPDFでお読み頂けます。

生業声明 東京電力旧役員に対する刑事裁判の判決を受けて 2019年9月19日.pdf

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.09.24更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、9月18日、原告団と弁護団が福島県知事と県議会に対して要請を行いました。
要請内容は、避難者の一部に対して賃料2倍相当額を「損害金」として請求している件と、県が原告となって一部の避難者に対して明け渡しを求めて提訴する件についてです。
要請行動は、NHKほかのメディアでも取りあげられました。

NHkのニュース:
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190918/6050006945.html?fbclid=IwAR01BHsCHWdSMmsyLSZwFApUOiMNfXNihvpcxIjmY8i3nUXeM8NqlQRLTaA

要請文は↓よりPDFでお読み頂けます。

要請書 県知事宛て 2019年9月18日.pdf

要請書 県議会各会派宛て 2019年9月18日.pdf

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.08.05更新

8月4日付の朝日新聞夕刊において、馬奈木厳太郎弁護士の福島原発事故に関するコメントが紹介されました。

以下のURLからご覧になることができます。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14123372.html?fbclid=IwAR2kYyxhP6Q5hezAhq4hyHGXBtPlnd93wqDWXqJY4mQwwpEGAVcib8yniCw

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.05.29更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、仙台高裁の裁判官らが、双葉町と富岡町を訪れました。
原発事故の被害救済を求める訴訟で、高裁の裁判官が被害現地に足を運ぶのは初めてのことです。

【NHK】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190527/6050005613.html

【福島放送】

https://www.kfb.co.jp/news/fukushima/archive/201905280.html

【福島テレビ】

https://www.fnn.jp/posts/2019052700000003FTV/201905272000_FTV_FTV

【福島民報】

https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019052863699

【福島民友】

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190528-381368.php

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/articles/20190528/ddl/k07/040/216000c

【時事通信】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052700978&g=soc

【日刊スポーツ(共同)】

https://www.nikkansports.com/general/news/201905270000701.html

【しんぶん赤旗】

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-28/2019052815_01_1.html

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.03.15更新

日本共産党の機関誌『前衛』2019年4月号に、馬奈木厳太郎弁護士の論文「福島原発事故をめぐる賠償の現状と今後の課題」が掲載されました。
ぜひご覧ください。

前衛2019年4月号:https://www.jcp.or.jp/web_book/cat458/cat/?fbclid=IwAR3EgiZuKrjwLWd8NzRxSSHt0niix_l_wx15IhXp3aHhJWXt4aya5o0IkCI

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.03.05更新

2019年3月5日付の毎日新聞に、馬奈木厳太郎弁護士のコメントが掲載されました。
原発事故の賠償指針をめぐって、被害実態に合わず見直しを求めるべきだとする福島県内の自治体の首長アンケートについてコメントしたものです。
ぜひご覧ください。

https://mainichi.jp/articles/20190304/k00/00m/040/186000c

投稿者: 東京合同法律事務所

2018.12.05更新

馬奈木厳太郎弁護士が、12月8日、長野市において開催される『平和を受け継ぐ』上映会&シンポジウムに参加します。

ドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』(井上淳一監督)、『憲法くん』(井上淳一監督)の上映の後、シンポジウムが予定されています。

馬奈木弁護士は、『大地を受け継ぐ』には企画として、『憲法くん』には制作としてかかわっています。

長野方面のみなさま、よろしければ足をお運びください。

 20181208平和を受け継ぐ(チラシ) 

 

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2018.12.05更新

馬奈木厳太郎弁護士が、11月29日、参議院文教科学委員会において、原子力損害賠償法の改正をテーマに、参考人の一人として意見を述べ、各会派の委員からの質疑に答えました。

参考人質疑の模様は、下記のURLから視聴することができます。

審議中継カレンダーから、11月29日を選択し、文教科学委員会(上から4つめの会議。2時間23分)を選択すると、再生されます。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

投稿者: 東京合同法律事務所

2018.08.02更新

ママレボ12号において、馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

原発事故の被害救済を求める訴訟のうち、生業訴訟をはじめとしてすでに判決が出ているものを題材に、判決の概要を紹介しつつ、到達と今後の課題などについて語ったものです。

ぜひご覧ください。

http://momsrevo.shop-pro.jp/?pid=133765527

投稿者: 東京合同法律事務所

2018.07.25更新

7月23日発売の「週刊プレイボーイ」32号に、馬奈木
厳太郎弁護士のインタビュー記事が掲載されました。
7月4日に出された大飯原発差止訴訟高裁判決、7月3日に
閣議決定された第5次エネルギー基本計画の問題点などに
ついて語ったものです。
ぜひご覧ください。

https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2018/07/25/106683/

 

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら