トピックス

2020.03.16更新

3月15日付のしんぶん赤旗日曜版において、原発事故に伴うALPS処理水の「海洋放出」をめぐる問題について、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

ぜひご覧ください。

しんぶん赤旗日曜版(日曜ワイド)https://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.13更新

3月12日、仙台高裁において、原発事故による避難者が東電を被告に損害賠償を求めた裁判の判決が言い渡されました。

東電の責任を認め、一審判決を上回る賠償を支払うよう命じた判決となりました。
この判決の意義などについて、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士がコメントした内容が、NHKニュースで報じられました。
ぜひご覧ください。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200312/6050009300.html?fbclid=IwAR2RHkqOY9haeNd4RGGknQWfD3YB4-YSQQBebMCIBk6O-KoFVfHOxNLxk-U

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.03.06更新

3月6日、時事通信が、福島原発事故の被害救済を求める裁判について、高裁判決で国の責任がどう判断されるのかが注目されるとの記事を配信し、当事務所の馬奈木厳太郎弁護士のコメントを紹介しました。

下記のリンクからご覧いただけます。

国の責任、分かれる判断 「津波予見」は全て認める―福島原発訴訟、舞台は高裁へhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020030500861&g=soc

投稿者: 東京合同法律事務所

2020.02.21更新

福島第一原発の事故責任の追究と原状回復を国と東電に求める「生業を返せ、地域を返せ!福島原発事故原状回復等請求訴訟(略して生業訴訟)の控訴審が2月20日結審しました。次回期日ではいよいよ判決の言い渡しとなります。
判決前の最後の期日となるこの日、原告団や支援者の皆さんおよそ350名もの方々が仙台高裁に集まり、原告団長の中島さんの意見陳述や弁護団の弁論を応援しました。馬奈木弁護士も原状回復請求について弁論しました。
仙台高裁に入る原告団・弁護団
裁判期日に先立ち仙台市内をデモ行進したほか、傍聴席に入りきれなかった方々に向け模擬裁判も行いました。またこの日、当事務所の事務所ニュースにも同封させて頂いておりました「公正な判決を求める署名」の提出も行い、累積で約13万筆の署名を提出しました。ご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

報告集会の様子
期日後には報告集会を開き、結審に至る法廷の内側の様子を報告しました。生業原告団沖縄支部ともスカイプで中継したほか、同じ日に裁判のあった関西訴訟とスカイプでつないで、期日を共有しました。いわき避難者、いわき市民、津島、群馬、千葉、東京、かながわ、愛知「黙っちゃおれん訴訟」、脱被ばくの各原告団の方々のほか、千葉と愛知「黙っちゃおれん」の弁護団、原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団の皆さまにもご参加頂きました。

判決の言い渡し期日の日時はまだ決まっていませんが、決まり次第当ホームページでお知らせいたします。

裁判期日の様子はNHKニュースでも取り上げられています。
NHK:「生業訴訟」控訴審の審理終わるhttps://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200220/6050009033.html

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.12.18更新

原発事故避難者が国と東電を訴えた裁判の判決が、12月17日、山形地裁で言い渡されました。国の責任を認めず、東電の支払った賠償で十分だとする極めて不当な判決となりました。当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が、NHKのインタビューに答えています。ぜひご覧ください。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191217/6050008343.html?fbclid=IwAR0TWiNnTywcXC4UMkCCeA0LVIq_PgAuLzg79bo4UERz3FOC8hSG1rt6m1M

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.09.24更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、9月19日、原告団と弁護団は、東電旧役員に対する刑事裁判の判決を受けて声明を出しました。

声明では、判決の問題点を指摘するとともに、今回の判決が旧役員個人の刑事責任に対する判断を示したものであって、組織体としての東電の責任を免責するものではなく、民事訴訟において国と東電の責任を引き続き明らかにしていくとされています。

声明の全文は↓よりPDFでお読み頂けます。

生業声明 東京電力旧役員に対する刑事裁判の判決を受けて 2019年9月19日.pdf

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.09.24更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、9月18日、原告団と弁護団が福島県知事と県議会に対して要請を行いました。
要請内容は、避難者の一部に対して賃料2倍相当額を「損害金」として請求している件と、県が原告となって一部の避難者に対して明け渡しを求めて提訴する件についてです。
要請行動は、NHKほかのメディアでも取りあげられました。

NHkのニュース:
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190918/6050006945.html?fbclid=IwAR01BHsCHWdSMmsyLSZwFApUOiMNfXNihvpcxIjmY8i3nUXeM8NqlQRLTaA

要請文は↓よりPDFでお読み頂けます。

要請書 県知事宛て 2019年9月18日.pdf

要請書 県議会各会派宛て 2019年9月18日.pdf

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.08.05更新

8月4日付の朝日新聞夕刊において、馬奈木厳太郎弁護士の福島原発事故に関するコメントが紹介されました。

以下のURLからご覧になることができます。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14123372.html?fbclid=IwAR2kYyxhP6Q5hezAhq4hyHGXBtPlnd93wqDWXqJY4mQwwpEGAVcib8yniCw

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.05.29更新

馬奈木厳太郎弁護士が、原告弁護団の事務局長を務めている「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟において、仙台高裁の裁判官らが、双葉町と富岡町を訪れました。
原発事故の被害救済を求める訴訟で、高裁の裁判官が被害現地に足を運ぶのは初めてのことです。

【NHK】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190527/6050005613.html

【福島放送】

https://www.kfb.co.jp/news/fukushima/archive/201905280.html

【福島テレビ】

https://www.fnn.jp/posts/2019052700000003FTV/201905272000_FTV_FTV

【福島民報】

https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019052863699

【福島民友】

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190528-381368.php

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/articles/20190528/ddl/k07/040/216000c

【時事通信】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052700978&g=soc

【日刊スポーツ(共同)】

https://www.nikkansports.com/general/news/201905270000701.html

【しんぶん赤旗】

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-28/2019052815_01_1.html

 

投稿者: 東京合同法律事務所

2019.03.15更新

日本共産党の機関誌『前衛』2019年4月号に、馬奈木厳太郎弁護士の論文「福島原発事故をめぐる賠償の現状と今後の課題」が掲載されました。
ぜひご覧ください。

前衛2019年4月号:https://www.jcp.or.jp/web_book/cat458/cat/?fbclid=IwAR3EgiZuKrjwLWd8NzRxSSHt0niix_l_wx15IhXp3aHhJWXt4aya5o0IkCI

投稿者: 東京合同法律事務所

前へ

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら