東京合同法律事務所当事務所の弁護士 > 鈴木 眞(すずき まこと)

鈴木 眞(すずき まこと)

鈴木真

 【経歴】
  1966年生まれ 東京都出身 慶應義塾大学卒
  2003年10月 弁護士登録

 【所属弁護士会】
  東京弁護士会


【主な所属団体・役職等】
 自由法曹団東京支部 事務局次長
 東京弁護士会 常議員


【取扱事件】
 民事事件(不動産、借地借家、住宅被害)
 家事事件(婚姻費用分担、離婚、相続)
 損害賠償請求事件(交通事故、医療事故)
 債権債務事件(自己破産、任意整理等)
 保全事件
 労働事件(解雇無効、未払賃金請求等)
 刑事事件


【主な活動分野・取扱分野】

売買代金、請負代金請求、交通事故などの損害賠償請求訴訟や、家屋明渡や共有物分割などの不動産関係訴訟、離婚・相続といった家事事件まで、取扱分野は多岐にわたります。

1つの分野における問題は、他の分野における問題と関連することが少なくありません。たとえば、交通事故で被害者の方が亡くなれば相続の問題が発生しますし、相続財産の中に不動産などがあれば、不動産関係の知識や経験も必要となつてきます。

私たちの身の回りに起きる出来事は、様々な法律分野に関わっています。私自身の知識と経験のみならず、当事務所の弁護士全員の知識・経験も踏まえて処理にあたります。


【私からのメッセージ】

現在法律問題を抱えて悩んでいる方々へアドバイスできるとすれば、一番重要なのは、今後どう生きていくか、今後の人生を実りあるものとするためにはどしたらよいかということです。今抱えている問題は、あえていうならば過去に起きたものです。

今後の人生を実りあるものとするために、過去の問題にきっちりとけりをつけなければならない必要があるのなら、徹底的に闘うことが必要でしょう。逆に、過去の問題にいつまでもかかわっていられないのであれば、その解決のためには一定の譲歩をして早期に解決することも必要になります。

今後の人生にとって最良の選択肢は何かをあなたと一緒に考えていきたいと思います。