家族や離婚に関するお悩み

よくあるご相談

離婚をベースとした諸問題

  • 最も良い離婚の時期を見極めるには~婚姻費用請求~
  • 離婚に踏み切るべきかどうか迷っている
  • 離婚するときの慰謝料・財産分与・養育費などの財産給付の問題
  • 離婚後の生活設計をどうすればよいか ~年金分割など~

先ずはご相談を

  • 離婚を考えている方へ

    例えば離婚したいと考えても、離婚後の生活設計に目処が立たない状態で離婚するのは、高いリスクを伴います。今の自分の状況で離婚するには、いつが最適でそのための準備としてはどんなことが必要か、適切なアドバイスを受けることができます。 また、いざ離婚というときに、相手方に対して、自らお金の請求をするのは嫌なものです。「権利があっても自分の口からは言えない」という方が多いかと思います。離婚に伴う財産分与・慰謝料・養育費などの財産給付を、法的な知識を駆使して、弁護士があなたの気持ちを代弁することができます。頼もしい味方が持てることによって精神的にもとても楽になります。

  • 離婚の請求を受けてしまった方へ

    はからずも離婚を請求されてしまった場合は、請求に理由があるか否かを含め、その後どのような経過をたどるかは未知数であるのが通常です。弁護士に相談して問題点を整理することが重要であり、そうすることによって精神的負担も軽減されます。

  • ご相談いただければ、制度の改定などについて最新の情報を入手することもできます

    離婚に伴う年金分割などの制度や裁判所でできること・できないことは、日々、制度の変更があり変わっていきます。最新の情報に基づいた良い解決方法を探るためにも、ぜひ弁護士に相談されることをおすすめします。

どんなケースが多い?

  • 当事務所で取り扱うケース

    結婚して間もない離婚、小さなお子さんや思春期のお子さんのいる離婚、熟年離婚など、さまざまな離婚ケースを扱っておりますが、最近は、外国人の配偶者との離婚(国際離婚)問題など、複雑なケースの取り扱いも増えています。
    当事務所では、事務所の規模を活かし、さまざまなケースにつき、多様な解決方法の蓄積を持っております。それぞれの事件に最適な解決方法を、法的な知識と経験を駆使して、依頼者の方にご提案させていただいております。是非、ご相談ください。

弁護士からのアドバイス

家族問題は裁判所の調停で話し合えることもある

家族問題に関しては、家庭裁判所において、親族間の紛争調停などの解決メニューを持っており、比較的柔軟に対応してもらえます。「こんなことは弁護士や裁判所には相談できないかもしれない」というような案件でも、親族間の紛争調停として家庭裁判所で話し合い、良い解決となるケースもあります。
当事者同士では感情的になり話し合いがつかない事柄でも、裁判所や弁護士など、第三者が間に入ることによって、冷静に考えることができることも多いのかと思います。
家族間の問題で「こんなことを相談していいのかな」と思うことも、ぜひ一度、当事務所までご相談いただくことをおすすめします。

ホームロイヤー(かかりつけの弁護士)を持ちましょう

何か問題が起きたとき、誰かに相談しないで悩んでいるうちに、対処方法が難しくなることもあります。問題が起きたらすぐに相談できる弁護士を持つことは、紛争を大きくせず早く解決するためにとても重要なことです。また、すぐに相談できる弁護士がいれば、そもそも問題が生じないよう何らかの対策ができる場合もあります。かかりつけ医があるように、弁護士についてもホームロイヤー(家のかかりつけの弁護士)を持たれることをおすすめします。
是非、一度、ご相談ください。

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

首都圏を中心に、無料の法律相談会を実施しております。お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら