事故(交通・医療・学校・その他)に関するお悩み

よくあるご相談

交通事故にまつわるご相談が多い

  • 交通事故にまつわるご相談
    被害者となった場合、弁護士費用が保険で支払われる自動車保険もありますので、加入の有無をご確認ください
  • 医療事故にまつわるご相談
    当事務所には医療問題に精通した弁護士が複数在籍しております
  • 学校事故にまつわるご相談
    公立私立を問わず、幼稚園・保育園・小学校から高校まで、学校事故についての対応実績があります

加害者側、被害者側、いずれも対応しております。加害者の場合は刑事事件対応も可能です。また、学校事故や医療事故の場合、第三者委員会等の事故調査機関への対応も行なっております。

なぜ弁護士に相談したほうがいいの?

  • 納得のいかない損害賠償金額に対して交渉することができる

    どんな事故でも、事故の当事者となった場合には、冷静に対応することができず、途方に暮れることも多いかと思います。また、被害者となった場合には、加害者の対応に不満が生じ、損害賠償額についても納得できない場合が多いものです。そんなとき、自分にどのような権利があるのか、きちんと知ることは大切です。どういう請求ができるのか、いくら請求できるのか、相手方に対するための資料はどうやって集めるか、など、事故対応ほど、専門的知識が求められるものはありません。自分の請求できる権利を知り、適正な賠償を受けるためには、弁護士への相談が不可欠です。また、交通事故等では、被害者が受け取れる損害賠償金の算定につき、加害者側(保険会社)が提示する基準は不当に安い場合が多く、裁判で使われる基準との間にはかなりの開きがあります。より高い基準での損害賠償金を受け取れるよう、弁護士に依頼して、正しい損害賠償金を請求することが大切です。
    また最近では、交通事故の被害者になったときに弁護士費用が保険で支払われる弁護士保険も普及してきていますので、被害者は、負担なく正当な損害賠償金を請求することができるようになってきています。相手方との交渉には弁護士を入れることをおすすめします。
    医療事故についても、当事務所は多数の経験があります。さまざまなケースがありますが、盲腸の見落としにより腹膜炎を併発し死亡したケースでは、協力医を確保し、医師や学者の証人尋問を経て、高額の損害賠償金を獲得したケースもあります。

  • できるだけ早く相談を

    保険会社が提示してきた損害賠償金額に合意して示談が成立してしまうと、金額を後から引き上げることができなくなります。
    事故に遭った場合は、できるだけ早めに当事務所の弁護士までご相談ください。

どんなケースが多い?

  • 当事務所で取り扱うケース

    さまざまな事故における、後遺障害の等級認定について、豊富な実績を持っております。
    特に、後遺障害等級をアップさせるための弁護活動を重視しており、事故の情報から必要な情報をピックアップしたり、本人の生活状況の詳細な陳述書を作成するほか、医師と面談し、意見書を作成するなどの弁護活動を行っています。こうした活動により、むち打ちケースについても、弁護士の介入後に、後遺障害等級をアップさせた多数のケースがあります。
    また、近年は、高次脳機能障害について後遺障害等級認定がルール化され、この分野でも等級アップの多数の実績があります。
    当事務所では、過去に後遺障害等級認定につき、高次脳機能障害で7級と認定されていたものを2級にアップさせた実績もあります。
    これは、ご家族の方にご本人ができること・介助がないとできないことなどについて細かく聞き取り調査を行なったほか、事故記録やカルテから事故状況やご本人の病状を客観的ピックアップし、調査結果を医療機関に提出して勝ち得たものです。
    後遺障害等級についてお悩みの方は、当事務所までご相談ください。

事務所からのアドバイス

慰謝料や損害賠償金額を引き上げるために弁護士は不可欠

交通事故で受け取れる慰謝料や逸失利益など、保険会社の提示する損害賠償金額の基準は低いことが多々あり、弁護士が介入することで適正な金額に引き上げられることが多くあります。特に、むち打ちなどは、加害者側保険会社は、まだ治療中であるにもかかわらず、強引に治療を打ち切りにしようとするなど、支払額を低く抑えようとしてきますので、弁護士の関与が重要で
す。弁護士に介入してもらい、きちんと損害賠償金を支払ってもらいましょう。
なお、現在の自動車保険には、被害者になった場合の弁護士費用が保険で支払われる弁護士費用特約が付加されている場合が多いです。ご自身が加入されている自動車保険に弁護士費用特約があれば、弁護士費用を気にせず弁護士に依頼できますので、是非、ご確認ください。

後遺障害等級に納得ができなくても、異議申立てができます

後遺障害等級の認定を申請したけれど、等級がつかないなど、その結果に納得できない場合には、異議申立で争うことができます。
弁護士に異議申し立てを依頼すれば、後遺障害等級認定に必要なポイントを立証するための資料を集めたり、適切な主張を追加してくれたりします。
当事務所では、一旦、後遺障害等級7級と認定されたケースにつき異議申立し、後遺障害等級2級までアップさせた実例があります。
後遺障害等級でお悩みであれば、是非、当事務所までご相談ください。

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

首都圏を中心に、無料の法律相談会を実施しております。お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら