不動産に関するお悩み

よくあるご相談

借地・借家に関するご相談

  • 解約申入れや更新拒絶による明渡要求をめぐる問題
  • 契約解除(契約違反などを理由とする解除)による明渡要求をめぐる問題
  • 地代・家賃の増額要求・減額要求をめぐる問題
  • 契約の更新や更新料をめぐる問題
  • 借地権付建物の売却をめぐる問題
  • 借地条件の変更や借地上の建物の増改築をめぐる問題

不動産取引に関するご相談

  • 不動産取引の契約に関するご相談
  • 不動産の瑕疵・欠陥などに関するご相談
  • 不動産取引の契約違反などに関するご相談

マンション管理に関するご相談

  • マンション管理にともなう問題など

なぜ弁護士に相談したほうがいいの?

  • トラブルの解決には正しい法律知識が必要

    借地や借家については借地法・借家法・借地借家法などの特別法の知識が必要ですし、多数の判例にも精通している必要があります。 不動産取引については、関係する法令や判例、取引の実務についての幅広い知識が必要です。 マンション管理についても区分所有法などの特別法の知識が必要ですし、判例の知識も必要です。

    世間一般で言われていることは必ずしも正しいとは限りません。 間違った知識に基づいて動いてしまったために大変な損失を受けるケースもありますので、早めに弁護士にご相談することをおすすめします。

どんなケースが多い?

  • 当事務所で取り扱うケース

    建物の老朽化による建て替えに伴う明渡し問題が非常に多くなっています。
    明渡しの条件をどうするかということでもめ、立ち退き料をめぐる条件について裁判で争って和解・判決になる場合があります。

    貸主からのご相談で、借主が地代・家賃を払えなくなり、契約解除をしたいというケースもあります。

事務所からのアドバイス(豆知識)

早めに相談していただき、適切な対処を

賃貸契約は貸主・借主双方の信頼関係の上に成り立っているものです。トラブルが生じたときに争いになると、信頼関係が壊れることになり、賃貸契約自体が影響を受けるため、借主にとっては借りている家を追い出されるなど、非常に不利な立場に立たされる可能性があります。

そのため、借主の生活や事業を守るためには、徹底して争うよりも、契約の上に成り立っている信頼関係をいかに維持するかという観点から解決方法を考えたほうが良いでしょう。貸主・借主の関係に亀裂を生じさせることなく問題を解決するには、早めに当事務所の弁護士に相談していただき、適切な方法で対処することをおすすめします。

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

首都圏を中心に、無料の法律相談会を実施しております。お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら