東京合同法律事務所当事務所の弁護士 > 瀬川 宏貴(せがわ ひろき)

瀬川 宏貴(せがわ ひろき)

瀬川宏貴

 【経歴】
  1980年 茨城県日立市生
  早稲田大学法学部卒業、金沢大学法科大学院修了
  2007年 弁護士登録(新60期)

 【所属弁護士会】
  第二東京弁護士会


【主な所属団体・役職等】
 自由法曹団(2011年~2013年事務局次長、2013年~常任幹事)
 青年法律家協会
 第二東京弁護士会・憲法問題検討委員会
 第二東京弁護士会・消費者問題委員会


【弁護団事件】
 B型肝炎訴訟弁護団
 外環の2訴訟弁護団


【取扱事件】
 民事事件(不動産、借地借家、建築紛争、手形小切手)
 家事事件(親族、相続、離婚、遺言、遺産分割)
 損害賠償(交通事故、医療事故、消費者問題)
 債権債務事件(自己破産、任意整理、再生手続き、特定調停)
 保全事件(仮差押え、仮処分)
 商事(会社、企業法務、会社整理、倒産、破産)
 労働事件
 刑事事件
 契約
 その他法律事務一般


【主な活動分野・取扱分野】

弁護士1年目からB型肝炎訴訟に取り組んでいます。この間、集団訴訟の提起、国との和解交渉・和解合意を経て、現在は、被害者の個別救済と肝炎患者全体の支援の拡充、真相究明・再発防止を実現する取組みを行っています。

そのほかに、不動産取引、交通事故、借地借家問題、家族問題、借金問題、企業の顧問業務などさまざまな分野を取り扱っておりますが、中でも相続事件を多く取り扱っています。相続事件は、複雑な事件では長く時間がかかることも多いですが、依頼者の方が納得できる解決を目指して取り組んでいます。

また、遺言書の作成、任意成年後見人の就任も行っています。

弁護士事務所は敷居が高いと言われますが、早めに相談に来ていただくとよい解決ができるという場合も多いので、お気軽にお越しください。


【執筆に参加した著作】

「消費者問題法律相談ガイドブック」(四訂版)
 (第二東京弁護士会消費者問題対策委員会編)

「共通番号制度のカラクリ マイナンバーで公平・公正な社会になるのか? 」
 (現代人文社)