東京合同法律事務所 > 麻布へリポート

麻布へリポート

私たちの事務所がある東京・港区にも米軍基地があるのをご存じですか?


六本木にある赤坂プレスセンター(麻布米軍ヘリ基地)がそれです。

港区内の労働者・住民は1967年以来、「迷惑・危険な基地を撤去して公園に」と運動をしてきました。東京都議会もかつて全会一致でこの基地の撤去を決議しましたし、地元の港区長をはじめ港区議会も再三にわたり撤去要望を全会一致で決議しています。「六本木に米軍基地はいらない」はまさに区民・都民みんなの声です。

1983年、そのヘリポートの下に都道環状3号線(現・六本木トンネル)が通ることになりました。その際、東京都・東京防衛施設局・米軍は「トンネル工事中は青山公園の一部を臨時ヘリポートとし、工事終了後は現状に戻す」という協定をむすび、住民の憩いの場だった公園の一部4300平方メートルが軍用ヘリポートに変えられ、鉄条網で囲まれました。「六本木トンネル」は93年3月完成。ところが米軍は開通直前になって「臨時へリポートはこのまま使う」と一方的に言い出し、自ら調印した協定も知らん顔で公園用地に居座り続け、事実上基地を拡張してしまっているのです。こんな横暴・無法が許されていいのでしょうか。

私たちの事務所も参加している「麻布米軍ヘリ基地撤去実行委員会」はこの間東京都・防衛施設局・米軍など関係機関に、臨時ヘリポートを約束通り公園に戻すよう再三要請していますが、都も施設局も「調整中」と繰り返すだけで、現在も事態は全く進んでいません。 実行委員会ではこの間、公園を取り戻すために、宣伝活動をしたり、署名を集めたり様々な取り組みをしてきました。

事務所としても実行委員会に参加しながら、この運動に引き続き力を入れていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。

なお、実行委員会がホームページを作成していますので、詳しくはそちらをご覧下さい。


【ホームページ】 http://home.att.ne.jp/sigma/azabu/
【E-MAIL】:azabu@tks.att.ne.jp