トピックス

2020.10.08更新

当事務所の馬奈木厳太郎弁護士が原告弁護団の事務局長を務める「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟では、10月7日、仙台高裁での勝訴判決を受け、国と東電に対して、上告することなく、早期解決に向けて協議の場につくことを求める要請を行いました。

要請後には、議員会館前で座り込みも行いました。
要請行動には、群馬、東京、九州など各地の原告団・弁護団も参加し、座り込みの際には立憲民主党、日本共産党の議員の方から連帯の挨拶をいただきました。

要請行動についての記事は、以下のとおりです。
馬奈木厳太郎弁護士のコメントも紹介されています。

【東京新聞】
https://www.tokyo-np.co.jp/article/60360

投稿者: 東京合同法律事務所

SEARCH

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら