トピックス

2018.06.25更新

馬奈木厳太郎弁護士と福井俊之弁護士が担当している大槌町の旧庁舎解体の差止めをめぐる件で、6月25日付の毎日新聞が、社説で「遺恨残さぬ方法はないのか」と解体を進める町長に再考を求めています。

ぜひご覧ください。

https://mainichi.jp/articles/20180625/ddm/005/070/054000c

投稿者: 東京合同法律事務所

どんなに些細な事でもお気軽にご相談ください

お客様とお話をさせていただきながら、争いの中心がどこにあるのかを探り、ベストな解決方法をご提示いたします。(なお、首都圏を中心に、無料の
法律相談会も実施しております。)

  • 受付9:00~19:00 土曜10:00~16:00 03-3586-3651
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております ご相談はこちら
    24時間受け付けております ご相談はこちら