東京合同法律事務所当事務所の弁護士 > 加納 小百合(かのう さゆり)

加納 小百合(かのう さゆり)

加納小百合

  【経歴】
   愛知県出身
   1988年 早稲田大学卒
   1995年4月 弁護士登録

  【所属弁護士会】
   東京弁護士会


【主な所属団体・役職等】
 日弁連リーガルアクセスセンター 報酬プロジェクトチーム座長
 東京HIV弁護団 事務局次長
 東京弁護士会 常議員
 日弁連法務研究財団ハンセン事業部長
 自由法曹団東京支部 事務局次長


【取扱事件】
 民事事件(不動産、借地借家、建築紛争、手形小切手)
 債務整理事件(自己破産、任意整理、再生手続、特定調停)
 損害賠償(交通事故、医療事故、消費者問題)
 保全事件(仮差押、仮処分)
 商事(会社整理、倒産、破産)
 家事事件(親族、相続、離婚、遺言、遺産分割)
 刑事事件
 労働事件
 その他法律事務一般


【主な活動分野・取扱分野】

相続・遺言事件については、これまで多数の事例を取り扱い、遺留分減殺請求を伴う事件、借地等の不動産の処理を伴う事件、親族に異母兄弟姉妹が関与する事件、海外在住者がいる事件等、複雑な事件につき、豊富な解決例をもち、高い評価を得ております。

また、離婚事件などの家族事件についても、多数の事件を手がけており、依頼者の心情を考慮したきめ細かな解決を心がけております。

交通事故事件については、後遺障害等級認定につき、高次脳機能障害にて7級の認定であったものを2級にアップさせる等、様々な成功例を有し、多数の事件を手がけております。

そのほか、破産管財人の経験を生かした破産・民事再生等の倒産事件や、借地借家事件、医療過誤事件や労働事件など、弁護士業務の中でも専門的知識を必要とされる分野において、いずれも豊富な経験と実績を持ち、最善の解決を引き出しております。


【私からのメッセージ】

弁護士生活20年となりますが、専門家に依頼される際のみなさまの心情を想い、お客様に「加納弁護士に依頼して良かった」と言っていただけるよう、常に最新の解決レベルに在るよう、日々研鑽していきたいと思っております。

人生いろいろありますが、あなたの味方に弁護士をプラスして、私どもと一緒に乗り切りましょう。